お気楽主婦が独学 で目指す行政書士

私の試験対策
・行政書士試験の概要

行政法・民法・一般知識を中心にマスターしよう

試験という敵を制するには、まず敵を知ることから始めましょう。
行政書士試験研究センター(http://gyosei-shiken.or.jp/index.html)の情報によると、行政書士試験の試験科目は以下のようになっています。
※下記は、平成21年度の試験概要について抜粋したものです。
※最新の情報はこちらの公式サイトで確認してください。

行政書士の業務に関し必要な法令等(出題数46題)

憲法、行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心とする。)、民法、商法及び基礎法学の中からそれぞれ出題し、法令については、平成21年4月1日現在施行されている法令に関して出題します。

行政書士の業務に関連する一般知識等(出題数14題)

政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解

憲法、行政法、民法、地方自治法…と、出題される法令の多さに呆然としてしまうところですが、過去の試験問題を研究すると、どの法令からも同じ比率で出題されているわけではない、ということに気がつくはずです。

平成21年11月現在、試験問題と回答が公表されている平成20年度の問題を例に取って考えて見ましょう。
満点300点のうち、法令に関する科目7科目と一般知識に関する問題の配点を見てみると……
多い順に行政法92点、民法76点、一般知識56点、以下、憲法28点、地方自治法20点……となっています。
行政法は全体のおよそ3分の1にもなる高比率で出題されているのに対し、商法などはたった4点しか出題されていません。

簡単に言ってしまえば、行政法と民法、一般知識にウエイトを置いて勉強していくことが合格へとつながるのです。



次へ進む

CONTENTS

行政書士の試験は11月の第二日曜日に行われます。 最低でも6ヶ月は勉強期間を確保しましょう。

短期間での合格を目指すなら
フォーサイトの行政書士講座を基本書とするのがオススメです。要点を抑えているので、少ない時間で得点に必要な知識を得られます。
その他いろいろな学校がテキストを出していますが、内容の割には高すぎだと思います。。

私のオススメの試験対策セット
・フォーサイト基礎講座DVDコース
・DAI-X出版 行政書士マスター六法
・LEC総合研究所 出る順行政書士
・DAI-X出版 行政書士 記述式対策
・※Wセミナー 全国公開模擬試験
・※DAI-X出版 塾テキスト一般知識編
・※フォーサイト直前対策講座

※は時間に余裕があれば。まずはフォーサイトの基礎講座を3回は通しで学習し、試験までに余裕があればもう少し深く学習しましょう。

サイト集