お気楽主婦が独学 で目指す行政書士

私が行政書士を目指した理由
・主婦でもできる!? 行政書士

試験は誰でも受験可能! 自宅で開業できるメリットも

ここで、なぜ私が行政書士の資格取得を目指したのか、その理由を少し書きたいと思います。

30歳を過ぎて、子育てと家事に追われるだけで日々を過ごしていくことに、なんとなく不安を感じていた私は、”もう一度社会に出て働いてみたい”という漠然とした夢を持つようになっていました。
とは言っても、ほんの2年ほどのOL時代もたいした仕事を経験したわけではなく、何ら技術も資格も持っていない今の自分では、たとえまた社会に出たとしても、できる仕事は限られてくるでしょう。
そこで、自分ができる仕事の選択肢を広げるためにも、何か役に立つ資格を取ろうと考えたわけです。少し安易ですが…(笑)

何の資格を取ろうかと考えたとき、その候補に浮上したのが行政書士の資格だったのです。高卒で事務の仕事の経験しかなく、現在は主婦である私が行政書士の資格取得を目指した理由は2つあります。

その1.信頼できる国家資格であり、試験を受験するのに年齢や資格制限がない

そもそも私は高卒ですので、受験資格の中に”大学卒業程度”とか書かれてしまうと、試験を受けることすらできません。その点、行政書士試験は、受験資格がとくにありませんので、どんな学歴の方でも受験することができるのです。
さらに、実際に試験会場に行ってみるとわかるのですが、行政書士試験は老若男女あらゆる年代の方が受験されています。
学歴や年齢が不問であるにもかかわらず、試験に合格できれば行政書士”先生”と呼ばれるような立派な資格がいただけるわけです。
この資格を狙わない手はないでしょう!

その2.独立開業できる資格で、自宅でも仕事ができる

行政書士の仕事は、簡単に言ってしまえば、紙と鉛筆、パソコンとプリンターがあればできてしまう仕事なので(細かく言えばもっといろいろありますが…)、開業する際に多額の設備投資は必要ありません。
打ち合わせできるスペースや自分が作業するデスクなどがあれば、自宅でも開業できてしまうのです。
私のように子育て中の主婦の場合、自宅で仕事ができるということほど嬉しいことはありません。仕事の合間をぬって家事もできますし、子供を寝かしつけてからすぐに仕事もできます。
そのような点から言っても、忙しい主婦が新たなステップを踏み出すきっかけとして、行政書士という資格はとても魅力あるものだと思います。



次へ進む

CONTENTS

行政書士の試験は11月の第二日曜日に行われます。 最低でも6ヶ月は勉強期間を確保しましょう。

短期間での合格を目指すなら
フォーサイトの行政書士講座を基本書とするのがオススメです。要点を抑えているので、少ない時間で得点に必要な知識を得られます。
その他いろいろな学校がテキストを出していますが、内容の割には高すぎだと思います。。

私のオススメの試験対策セット
・フォーサイト基礎講座DVDコース
・DAI-X出版 行政書士マスター六法
・LEC総合研究所 出る順行政書士
・DAI-X出版 行政書士 記述式対策
・※Wセミナー 全国公開模擬試験
・※DAI-X出版 塾テキスト一般知識編
・※フォーサイト直前対策講座

※は時間に余裕があれば。まずはフォーサイトの基礎講座を3回は通しで学習し、試験までに余裕があればもう少し深く学習しましょう。

サイト集