お気楽主婦が独学 で目指す行政書士

私の試験対策
・私の勉強方法 
~独学で1回目に挑戦!テキスト編~

テキストも過去問も何度もチェック! でも何か足りない!?

行政書士試験の出題傾向がつかめたところで、さっそく試験勉強に取り掛かります。
試験を受けようと決意したら、まず本屋さんでテキストを探すことから始める人も多いと思います。たいていの人は独学用のテキストを何冊か買ってペラペラとめくり、見慣れない法律用語に戸惑うことになるでしょう。

私の場合、1回目の試験を受ける前年の11月からなんとなく試験勉強をスタートさせました。私の行政書士資格取得作戦の裏テーマは、”お金をできるだけ使わずに…”ということだったので、予備知識ゼロにもかかわらず独学で受験するという、今にして思えば無謀な賭けに出たわけです。

幸い、インターネットで検索すると、先輩行政書士さんや合格者の方々が試験対策について数多くの情報を提供してくださっていて、その中には独学の方もかなりいるので、そんな情報を頼りに市販のテキストを買い求めました。
(ただし、これは後でわかったことなのですが、インターネットの情報は結構いい加減なものもあるので、しっかりと見極めることが大切です)

私が用意したのは主に以下の3つ。

①行政書士の試験用の六法

最初に張り切って分厚い規範六法を買ってしまい、開く気が失せてしまいました。結局、過去の出題例が条文ごとに書き込んである、行政書士試験用のものを買いなおしました。

②法律科目の基本テキスト

法律の基礎知識が無い私は、まず初歩的な入門書から読んで、専門用語にある程度慣れてから本格的な基本書に入りました。マンガで解説してあったり、いろいろなタイプのものがありますので、本屋さんで徹底的に比べてみるとよいと思います。

③過去問題集

私の場合、問題とその答えを見ただけでは、まったく内容が理解できなかったので、解答のところにしっかりと解説が書き込んであるものを選びました。過去10年以上の問題が掲載してあるものもあって、繰り返し解くと力がつくのではないかと思います。



次へ進む

CONTENTS

行政書士の試験は11月の第二日曜日に行われます。 最低でも6ヶ月は勉強期間を確保しましょう。

短期間での合格を目指すなら
フォーサイトの行政書士講座を基本書とするのがオススメです。要点を抑えているので、少ない時間で得点に必要な知識を得られます。
その他いろいろな学校がテキストを出していますが、内容の割には高すぎだと思います。。

私のオススメの試験対策セット
・フォーサイト基礎講座DVDコース
・DAI-X出版 行政書士マスター六法
・LEC総合研究所 出る順行政書士
・DAI-X出版 行政書士 記述式対策
・※Wセミナー 全国公開模擬試験
・※DAI-X出版 塾テキスト一般知識編
・※フォーサイト直前対策講座

※は時間に余裕があれば。まずはフォーサイトの基礎講座を3回は通しで学習し、試験までに余裕があればもう少し深く学習しましょう。

サイト集